断食中に洗顔石鹸を使用すべきケースと石鹸の選び方

肌断食の最中は『ぬるま湯洗顔』をおススメしています。しかし、皮脂の量が多すぎる場合や、メイクをしている時などには石鹸を使ってみましょう。(メイクは石鹸で落とせる程度のものを使いましょう。)

しかし肌断食と言うからには、石鹸すら使ってはいけないと思ってしまいます。でも石鹸を使わないことで、肌に悪い影響が出てしまうのであれば、使ってもらった方がいいのです。

洗顔料ではなく「石鹸」がおススメ

ぬるま湯洗顔だけでは事足りない場合には、石鹸を使ってくださいと言いましたが、「洗顔料」ではないのか?という疑問を抱いている人もいると思います。実は洗顔料は石鹸とは異なるアイテムなのです。

洗顔料というのは、いわゆる洗顔フォームなどのアイテムで、色々な効果や成分などが記載されていて種類も豊富です。石鹸というのは、あの固形になっている昔ながらの石鹸のことです。

まずは、なぜ洗顔料ではなく石鹸がいいのかというと・・・

  • 洗顔料には「合成界面活性剤」が含まれていることが多く肌に刺激となる
  • 石鹸は成分がシンプルなので欠点を見つけやすい
  • お医者さんも石鹸を勧める人が多い
  • 洗顔料には保湿剤が含まれていることが多いので肌に刺激となる

肌状態別に見る石鹸の選び方

肌の状態を見ながら、石鹸を選んでもらうと肌断食には良い効果が現れやすいのかなと思います。皮脂の量に応じて、石鹸をチョイスしてみてください。

皮脂量が多い人におススメの石鹸

皮脂の量が多い人は、洗浄力が高い石鹸を選ぶのもいいかなと思います。しかし洗浄力が高いので、刺激を与えやすくなりますから、洗いすぎないように注意をしましょう。「パーム油」をメインにしている石鹸は、洗浄力が高いですよ!

ちなみに「シャボン玉石鹸」もパーム油がメインとなった石鹸の1つです。

皮脂の量が少ない人におススメの石鹸

皮脂量が少ない、つまりメイクや日焼け止めを落とすためにおススメなのが、洗浄力が低くて保湿力のある石鹸です。

オリーブオイルなどの天然由来のオイルを使っている石鹸は、洗浄力が低くて保湿力が高いので、肌に刺激を与えにくくなっています。石鹸で落ちるメイク用品を使っているのであれば、このタイプの石鹸でも十分にメイクが落ちるでしょう。

メイクを落とす事に手中しすぎると、いつの間にか肌を擦っている事があります。出来るだけ弱い力で、軽くメイクを浮かせるようにして刺激を与えないように注意をしましょう。

石鹸を使うと肌断食の効果をチェックできる

石鹸を使って洗顔をすると、その後に肌が「つっぱる・つっぱらない」というどちらの状態になるのか?そこをチェックすると、肌断食の効果がどのくらい出ているのか分かります。

石鹸で洗顔をしたあとに肌がつっぱると、まだまだ肌断食の効果は出ていないでしょう。肌断食をすると、石鹸で洗顔をした後のつっぱり感が徐々に短くなっていく事に気が付きます。そしていつの間にか、肌はあまりつっぱらないようになるのです。

とはいっても、石鹸は皮脂量が多い場合とメイクなどをしている場合だけ使ってもらうものなので、あまり参考にならない人もいるでしょう。肌断食を続けていくうちに、石鹸は使わなくても大丈夫という状態になっていくでしょう。