肌の乾燥が酷い時は精製度の高いワセリンでケア

肌断食は基本的に何も塗らないのが鉄則ですが、あまりにも乾燥がヒドイ時には『ワセリン』を塗るのもオススメです。

肌断食をした最初の頃というのは、酷い乾燥に悩まされます。ですから、うまく保湿をしながら肌断食を続けてもらいたいのです。

肌断食初期に乾燥が酷くなる理由

今までは過剰に肌を保湿していたので、肌断食を始めた頃は「皮脂の分泌機能」が衰えている状態です。

さらに洗浄しすぎで角質層の内部にある保湿成分もほとんどない状態なのです。そしてターンオーバーも乱れていますので、角質細胞も水分を逃がしやすい状態になっています。

肌断食をして肌に何も塗らない生活がスタートしたら、そりゃ肌がひどく乾燥しますよね。

肌が乾燥するとバリア機能も低下している状態なので、炎症などの肌トラブルが起きやすくなります。ですから、肌断食の初期段階ではかなりツライ肌荒れが起こるのです。

しかしこの状況を我慢するのも辛いですから、無理をし過ぎないように肌断食を続けるには、ワセリンで肌を乾燥から守る必要があるのです。

ワセリンを塗るときの注意

肌断食を始めた頃に使われる保湿剤は、ワセリン・ホホバオイルなどがあります。精製度の問題で、ワセリンの方が使いやすいですし、手に入れやすいのでお勧めです。

ワセリンを塗るときには、下記に注意をしてください。

  • 極わずかな量しか使わない
  • 乾燥していない場所には絶対に塗らない
  • 乾燥が良くなってきたら塗る量を減らす
  • 精製度の高いワセリンを選ぶ
  • 無理にワセリンを洗い流さない

ワセリンを塗る回数

ワセリンを乾燥した部分に塗るときは、本当にわずかな量を指先でちょっとだけ塗ればいいでしょう。塗る量は乾燥の状態によって変えていきますが、ベタベタするほどに塗ってしまうと、負担になりますので気を付けてください。

塗る回数は、乾燥がヒドイ場合には朝・昼・晩の3回くらいがオススメですが、その日の乾燥具合によって回数も減らしたり増やしたりして調整をしてください。

例えば夜に塗ったワセリンが、朝起きたときにまだ残っているならば、朝のワセリンは塗らないようにするなどして、ワセリンの量を自分で考えながら塗っていきましょう。

肌断食にオススメのワセリン選び

ワセリンを選ぶときのポイントは「精製度の高さ」になります。精製度が高ければ高いほど、不純物が少ないという証拠になりますので、酸化などで肌に負担をかける心配が軽減されるのです。

精製度の高いワセリン

1番精製度が高いのは『サンホワイト』というワセリンです。続いて『プロペト』『白色ワセリン』『黄色ワセリン』という順になります。

ワセリンは精製度が高いほど、色が透明になっていき伸びも良くなります。精製度が高いということは、それだけ高い技術が必要となるので、価格も高くなります。

ちなみにワセリンを使うなら、黄色ワセリンはお勧めできないので、それ以外のワセリンを具体的にご紹介したいと思います。

サンホワイト

1番精製度が高いワセリンで、パッチテストの基材にも採用されているほどに、高品質なアイテムです。とっても伸びがいいので、ワセリンを使うならばサンホワイトが1番お勧めです。

プロペト

プロペトは「医療用ワセリン」とも言われており、なんと「目」にも塗る事が出来るのです。こちらは皮膚科に行って処方してもらうこともできます。

しかしチューブタイプになっているプロペトは、なかなか市販されていないので、手に入れにくくなっています。

白色ワセリン

こちらはドラッグストアでも手に入るので、簡単に購入する事ができます。上記のワセリンと比較しても、かなり安価で手に入りますので、たくさん使いたい人にはお勧めです。

しかし肌断食中に塗るのであれば、たくさん使うわけではないので、ちょっとお金をプラスしてプロペトやサンホワイトにしてもいいのかな?と思います。

ワセリンは何を使えばいい?

精製度が高ければ高いだけ、価格もあがっていきます。

サンホワイトは50gで約1000円、プロペトは100gで約1000円になります。しかし肌断食の時には、大量に使うわけではないので、肌のことを考えればサンホワイトやプロペトがオススメになります。

コスパは悪くないので、どうせなら良いものを使ってみてはいかがでしょうか。