皮脂量に応じた断食中の洗顔方法

肌断食をしている時の「洗顔方法」についてご紹介していきましょう。基本的には『ぬるま湯』で洗顔をするだけでOKです!

肌に負担のかからない洗顔

肌断食をしていても、洗顔は必ずやらなければいけません。メイクやスキンケアをしていなくても、肌には酸化した皮脂やほこり、雑菌などが付着しています。これらを肌に付けたままにすると、肌トラブルを引き起こす原因になります。

基本的には「肌に必要な皮脂を残しながら、酸化した皮脂やほこり、雑菌や汗などの汚れは落とす」ことがポイントとなります。

よく皮脂は水では落ちないと言いますが、『酸化した皮脂』は水溶性なので水で洗い流せます。そして、通常の皮脂はぬるま湯で十分に洗い流す事ができますので、洗顔料は不要です。

洗顔の回数について

みなさん毎日の洗顔は、朝と夜の2回が基本だと思いますが、肌断食の時もこの2回の洗顔でOKです。

しかし「たくさん汗をかいた」「皮脂の分泌量が多い」「皮膚がヌルっとする」という場合には、洗顔の回数を増やしてもいいと思います。何が何でも2回というわけではなく、肌の状態を見ながら洗顔の回数を考えましょう。

ただ、皮脂が酸化してしまうことがあるので、1日に2回の洗顔は欠かさないようにしましょう。

ぬるま湯洗顔の正しいやり方

ぬるま湯の温度

肌の表面温度は35℃程度になりますので、1番肌に良いのは35℃のぬるま湯です。しかしあまりにもキッチリとする事はないので、「34~37℃」を目安にしてください。

寒すぎる場合や、皮脂の量が多い場合には37℃にしてみたり、乾燥がちな場合には35℃にするなどして調整をしてみましょう。

ぬるま湯洗顔のやり方

基本的な洗顔

肌に摩擦の力が加わらないようにするのがポイントなので、ゴシゴシするのはNGです。お湯を張った洗面器に顔を付けて、手でお湯を仰ぐだけでもいいですし、とっても圧力が弱いシャワーを顔に当ててもいいでしょう。摩擦しないようにしながら、丁寧に洗ってください。

皮脂の量に応じた洗顔時間

洗顔をササッと終わらせると、それだけ皮脂は肌に残ります。皮脂量が多い人は、少し時間をかけて洗顔をし、乾燥している人はサッと終わらせるようにするのがポイントです。自分の肌状態を見ながら、洗顔の時間を変えていくといいでしょう。

肌状態別に見るぬるま湯洗顔のやり方

肌の状態が乾燥している人と、皮脂が多い人では洗顔のやり方にも違いがでてきます。そこで、乾燥した肌と皮脂の分泌量が多い肌の「ぬるま湯洗顔」のやり方を、チェックしましょう。

乾燥した肌のぬるま湯洗顔

皮脂量がほとんどなく、乾燥している状態であれば「35℃」のぬるま湯でサッと洗い流すだけでOKです。朝と夜の2回洗顔することは変わりませんが、乾燥した肌であれば汗をかいてしまってもサッと洗うだけでいいでしょう。

もしも洗顔後に乾燥していると感じるならば、『ワセリン』をほんの少しだけ塗ってみましょう。徐々に皮脂が正常に分泌されるようになり、乾燥肌も改善されます。

肌の乾燥が酷い時は精製度の高いワセリンでケア

皮脂の分泌量が多い時のぬるま湯洗顔

皮脂の分泌量が多い人が肌断食をスタートさせた場合、洗顔の方法に気を付けなければいけなくなります。

基本的には何も使わずに、ぬるま湯だけで洗顔をするのが肌断食ではあります。しかし皮脂の量が多すぎると、酸化した皮脂も皮膚には残っていますし、ぬるま湯だけでは対応できないことがあるのです。

そこで、皮脂の量があまりにも多い場合には、部分的に石鹸を使って洗顔をする事も視野に入れてください。もちろん肌の状態が少しずつ改善されていけば、石鹸の使用は中止してぬるま湯だけに移行しましょう。

断食中に洗顔石鹸を使用すべきケースと石鹸の選び方

ちなみに皮脂が多い人は、こんな工夫をしてみてください。

  • ぬるま湯洗顔の回数を増やしてみる
  • 時間をかけてゆっくりと丁寧にすすぐ
  • ぬるま湯の温度を上げる
  • 皮脂が過剰分泌している部分だけ石鹸を使う

このように皮脂の過剰分泌に対応しながら、ぬるま湯洗顔を実践してみましょう。