断食中に洗顔石鹸を使用すべきケースと石鹸の選び方

肌断食の最中は『ぬるま湯洗顔』をおススメしています。しかし、皮脂の量が多すぎる場合や、メイクをしている時などには石鹸を使ってみましょう。(メイクは石鹸で落とせる程度のものを使いましょう。)

しかし肌断食と言うからには、石鹸すら使ってはいけないと思ってしまいます。でも石鹸を使わないことで、肌に悪い影響が出てしまうのであれば、使ってもらった方がいいのです。

洗顔料ではなく「石鹸」がおススメ

ぬるま湯洗顔だけでは事足りない場合には、石鹸を使ってくださいと言いましたが、「洗顔料」ではないのか?という疑問を抱いている人もいると思います。実は洗顔料は石鹸とは異なるアイテムなのです。

洗顔料というのは、いわゆる洗顔フォームなどのアイテムで、色々な効果や成分などが記載されていて種類も豊富です。石鹸というのは、あの固形になっている昔ながらの石鹸のことです。

まずは、なぜ洗顔料ではなく石鹸がいいのかというと・・・

  • 洗顔料には「合成界面活性剤」が含まれていることが多く肌に刺激となる
  • 石鹸は成分がシンプルなので欠点を見つけやすい
  • お医者さんも石鹸を勧める人が多い
  • 洗顔料には保湿剤が含まれていることが多いので肌に刺激となる

肌状態別に見る石鹸の選び方

肌の状態を見ながら、石鹸を選んでもらうと肌断食には良い効果が現れやすいのかなと思います。皮脂の量に応じて、石鹸をチョイスしてみてください。

皮脂量が多い人におススメの石鹸

皮脂の量が多い人は、洗浄力が高い石鹸を選ぶのもいいかなと思います。しかし洗浄力が高いので、刺激を与えやすくなりますから、洗いすぎないように注意をしましょう。「パーム油」をメインにしている石鹸は、洗浄力が高いですよ!

ちなみに「シャボン玉石鹸」もパーム油がメインとなった石鹸の1つです。

皮脂の量が少ない人におススメの石鹸

皮脂量が少ない、つまりメイクや日焼け止めを落とすためにおススメなのが、洗浄力が低くて保湿力のある石鹸です。

オリーブオイルなどの天然由来のオイルを使っている石鹸は、洗浄力が低くて保湿力が高いので、肌に刺激を与えにくくなっています。石鹸で落ちるメイク用品を使っているのであれば、このタイプの石鹸でも十分にメイクが落ちるでしょう。

メイクを落とす事に手中しすぎると、いつの間にか肌を擦っている事があります。出来るだけ弱い力で、軽くメイクを浮かせるようにして刺激を与えないように注意をしましょう。

石鹸を使うと肌断食の効果をチェックできる

石鹸を使って洗顔をすると、その後に肌が「つっぱる・つっぱらない」というどちらの状態になるのか?そこをチェックすると、肌断食の効果がどのくらい出ているのか分かります。

石鹸で洗顔をしたあとに肌がつっぱると、まだまだ肌断食の効果は出ていないでしょう。肌断食をすると、石鹸で洗顔をした後のつっぱり感が徐々に短くなっていく事に気が付きます。そしていつの間にか、肌はあまりつっぱらないようになるのです。

とはいっても、石鹸は皮脂量が多い場合とメイクなどをしている場合だけ使ってもらうものなので、あまり参考にならない人もいるでしょう。肌断食を続けていくうちに、石鹸は使わなくても大丈夫という状態になっていくでしょう。

皮脂量に応じた断食中の洗顔方法

肌断食をしている時の「洗顔方法」についてご紹介していきましょう。基本的には『ぬるま湯』で洗顔をするだけでOKです!

肌に負担のかからない洗顔

肌断食をしていても、洗顔は必ずやらなければいけません。メイクやスキンケアをしていなくても、肌には酸化した皮脂やほこり、雑菌などが付着しています。これらを肌に付けたままにすると、肌トラブルを引き起こす原因になります。

基本的には「肌に必要な皮脂を残しながら、酸化した皮脂やほこり、雑菌や汗などの汚れは落とす」ことがポイントとなります。

よく皮脂は水では落ちないと言いますが、『酸化した皮脂』は水溶性なので水で洗い流せます。そして、通常の皮脂はぬるま湯で十分に洗い流す事ができますので、洗顔料は不要です。

洗顔の回数について

みなさん毎日の洗顔は、朝と夜の2回が基本だと思いますが、肌断食の時もこの2回の洗顔でOKです。

しかし「たくさん汗をかいた」「皮脂の分泌量が多い」「皮膚がヌルっとする」という場合には、洗顔の回数を増やしてもいいと思います。何が何でも2回というわけではなく、肌の状態を見ながら洗顔の回数を考えましょう。

ただ、皮脂が酸化してしまうことがあるので、1日に2回の洗顔は欠かさないようにしましょう。

ぬるま湯洗顔の正しいやり方

ぬるま湯の温度

肌の表面温度は35℃程度になりますので、1番肌に良いのは35℃のぬるま湯です。しかしあまりにもキッチリとする事はないので、「34~37℃」を目安にしてください。

寒すぎる場合や、皮脂の量が多い場合には37℃にしてみたり、乾燥がちな場合には35℃にするなどして調整をしてみましょう。

ぬるま湯洗顔のやり方

基本的な洗顔

肌に摩擦の力が加わらないようにするのがポイントなので、ゴシゴシするのはNGです。お湯を張った洗面器に顔を付けて、手でお湯を仰ぐだけでもいいですし、とっても圧力が弱いシャワーを顔に当ててもいいでしょう。摩擦しないようにしながら、丁寧に洗ってください。

皮脂の量に応じた洗顔時間

洗顔をササッと終わらせると、それだけ皮脂は肌に残ります。皮脂量が多い人は、少し時間をかけて洗顔をし、乾燥している人はサッと終わらせるようにするのがポイントです。自分の肌状態を見ながら、洗顔の時間を変えていくといいでしょう。

肌状態別に見るぬるま湯洗顔のやり方

肌の状態が乾燥している人と、皮脂が多い人では洗顔のやり方にも違いがでてきます。そこで、乾燥した肌と皮脂の分泌量が多い肌の「ぬるま湯洗顔」のやり方を、チェックしましょう。

乾燥した肌のぬるま湯洗顔

皮脂量がほとんどなく、乾燥している状態であれば「35℃」のぬるま湯でサッと洗い流すだけでOKです。朝と夜の2回洗顔することは変わりませんが、乾燥した肌であれば汗をかいてしまってもサッと洗うだけでいいでしょう。

もしも洗顔後に乾燥していると感じるならば、『ワセリン』をほんの少しだけ塗ってみましょう。徐々に皮脂が正常に分泌されるようになり、乾燥肌も改善されます。

肌の乾燥が酷い時は精製度の高いワセリンでケア

皮脂の分泌量が多い時のぬるま湯洗顔

皮脂の分泌量が多い人が肌断食をスタートさせた場合、洗顔の方法に気を付けなければいけなくなります。

基本的には何も使わずに、ぬるま湯だけで洗顔をするのが肌断食ではあります。しかし皮脂の量が多すぎると、酸化した皮脂も皮膚には残っていますし、ぬるま湯だけでは対応できないことがあるのです。

そこで、皮脂の量があまりにも多い場合には、部分的に石鹸を使って洗顔をする事も視野に入れてください。もちろん肌の状態が少しずつ改善されていけば、石鹸の使用は中止してぬるま湯だけに移行しましょう。

断食中に洗顔石鹸を使用すべきケースと石鹸の選び方

ちなみに皮脂が多い人は、こんな工夫をしてみてください。

  • ぬるま湯洗顔の回数を増やしてみる
  • 時間をかけてゆっくりと丁寧にすすぐ
  • ぬるま湯の温度を上げる
  • 皮脂が過剰分泌している部分だけ石鹸を使う

このように皮脂の過剰分泌に対応しながら、ぬるま湯洗顔を実践してみましょう。

肌断食が向かない人の特徴と注意点

肌がキレイになるなら、誰でも『肌断食』をしていいのでは?と思ってしまいがちですが、実は軽い気持ちで肌断食をしては「いけない人」がいます。これから肌断食にチャレンジしようと考えている人は、まずこのページを必ずチェックしていってください。

生まれ持った肌の弱さをチェック

肌断食をするのは『肌の機能を回復』させる目的があります。つまり健康的な美肌を取り戻すために、肌断食をするのです。しかし、肌断食をしても『生まれ持った肌の質以上にはならない』ということを、覚えておいてください。

基本的にほとんどの場合は、正常に機能する肌を持っているのですが、正しいスキンケアが出来ないことで、肌が弱ってしまっている事が多いです。つまり、生まれ持った肌は正常だということです。

一方で『生まれつき肌が弱い』という人もいますよね?こういう方というのは、肌に様々な影響が出てきてしまい、外部の刺激や食生活の乱れでも、肌トラブルが発生します。

つまり間違ったスキンケアや、乱れた生活習慣により肌トラブルが増える人は『生まれつき正常な肌』なので、原因を取り除けば回復していきます。しかし『生まれつき肌が弱い』人というのは、原因を取り除いても肌は弱いままなのです。

ここで、あなたの肌タイプが、一体どちらなのかをチェックしてもらいたいと思います。

肌断食で肌を「鍛える」ことは出来ない

肌断食をすると、肌機能が回復していくので、「肌を鍛える」という捉え方をする人がいます。しかし実際には、肌を鍛える事はできません。元々持っている力を、引き起こしてあげるという捉え方が正しいでしょう。

つまり『生まれつき肌が弱い』人は、肌断食をしても意味がないということになるのです。例え肌断食をしても、結果的に肌は弱いままなのです。ですから肌の弱い人は弱いなりに、肌の機能をどこまで引き上げられるか?どうやってサポートするか?ということを考えて、ケアをしていく必要があるのです。

1つの例を挙げてわかりやすく説明をすると・・・

「アトピー性皮膚炎」の場合、セラミドという物質を正常に作り出す事ができません。ですから、この肌質の人が肌断食をしても、セラミドが正常に作り出せるようになるわけではないのです。

セラミドの原料となる栄養素を補給して、スキンケアでセラミドが減少しないように心がけ、寝ている間に肌が回復できるように努め、保湿が不足しているときは保湿剤などでケアをする。これが、アトピー性皮膚炎の人が行うべき、セラミド不足への対処なのです。

肌断食をして肌の機能が回復しても、アトピー性皮膚炎の肌がセラミドを生み出す能力自体を向上させる事はない、ということなのです。

肌断食に不向きな人とは?

ここまでのお話で分かってきたと思いますが、『生まれつき肌が弱い人』には、肌断食は不向きだと言えます。逆に肌トラブルを悪化させる可能性がありますので、出来る事ならば肌断食ではなく、肌トラブルを改善できるケアをしてもらった方が、いいのかなと思います。

肌断食がゼッタイではない

肌断食をすれば、肌の機能が回復して健康的な美肌を手に入れる事ができます。しかし、肌が弱い人にとって肌断食をするという行為は、肌環境を悪化させる要因になってしまう可能性もあります。

つまり肌断食がゼッタイだと思い込んでしまうと、「肌に何もつけないことが正義!」みたいな考え方に固執してしまいますが、実際はそうではありません。

肌が弱い人は、肌を健康にするために何かを付ける事が正解という場合もあります。ですから、肌断食をしようと考えている人に覚えておいてもらいたいのは

『肌断食を過信しすぎないこと』
『生まれつき肌が弱い人はあまり効果を実感できない』
『肌断食は、あくまでも数ある肌悩みを解決する方法の1つ』

ということです。

もしも肌が生まれつき弱いのであれば、肌断食の前に「スキンケアの見直し」「生活習慣の見直し」「メイクの成分をチェックする」などして、肌への刺激対策をしてみてください。それだけで、肌断食よりは時間がかかりますが、肌の状態が良い方向へ進んでいくと思いますよ!

肌断食の種類と特性について

お肌の状態を改善するために『肌断食』をするという方法があります。

みなさんも、肌断食が気になってココへ来てくれたと思います。コチラでは、肌断食の初心者さんでも今日からスタートできるように、様々な肌断食の情報をご紹介していきたいと思います!

肌断食で肌を変えることが出来るのか?

まず、みなさんが気になっているのは「本当に肌が変わるのか?」という部分だと思います。肌断食をすると、こんな効果を得る事ができます。

  • 肌が受けていたダメージが無くなるので、肌が回復する。
  • 肌が本来持っている機能が、回復する。

上記のような効果を得る事で、素肌が健康的な状態になっていきます。そして肌の内部、外部の乾燥がなくなっていくので、肌が整う・毛穴が目立たない・肌色がキレイになる・テカリの減少・ニキビが出来にくくなる・ガサガサしないなど、たくさんの良い影響が肌に現れてくるのです。

肌断食は一生続けなきゃダメ?

いざ肌断食を始めたいと考えたとき、「もしかして一生続けないと意味がない?」なんて思った事はありませんか?

安心してください!完全に肌への刺激になる行為を、全てやめることはありません。少しずつスキンケアをシンプルにすること、メイクのやり方を工夫すること、自分のライフスタイルにあったサイクルで肌断食をすればOKです。

肌断食の「種類」&「特性」とは?

肌断食とひとことで言っても、その種類は主に3つあります。

  • ずっと肌に何もつけないタイプ(基本の肌断食)
  • 寝る時だけ肌に何もつけないタイプ(プチ肌断食)
  • 週末だけ肌に何もつけないタイプ(週末肌断食)

ライフスタイルに合わせて、無理なく続けられそうな肌断食から始めるといいでしょう。継続していく事が重要なので、自分がどのタイプなら続けていけるかどうかを見極めてください。

「基本の肌断食」の特性

メディアなどで有名になったのは、この基本の肌断食タイプです。肌に何もつけずに、常にすっぴんで過ごす事が必要になりますので、メイクをしなくても良いという環境に居る人にはおススメです。

『肌に何も塗らない・負担をかけない』という生活をして、肌が回復するのを待つ肌断食です。女性が肌に何も塗らないというのは、やはり抵抗があると思いますが、この方法が1番肌の回復が早いですし、継続して美肌をキープできます。

このような完全な肌断食をすると、初期段階で「肌荒れ」などが引き起こされます。そうなると、どうしても肌荒れに効果のあるスキンケアを使いたくなってしまい、ここで肌断食を辞めてしまう人が多いです。

基本の肌断食をすると、「3日目~1ヶ月」くらいは、肌の状態が悪化してしまうことがあります。しかしそこからしばらく我慢をすると、肌がどんどん回復していきます。

「夜のプチ肌断食」の特性

寝ている間というのは、肌が回復するということが分かっています。ですからその特徴を活かして、『寝る前に何も塗らない』という方法が、夜のプチ断食なのです。この方法で肌断食を実践すれば、日中はメイクをして過ごす事もできます。

肌断食をしていた人が、肌の回復を実感した時に、夜のプチ肌断食に切り替えるというケースもあります。最初からストイックな肌断食は難しいという人にも、こちらのプチ肌断食はおススメです。

しかし日中はフルメイクで過ごし、入浴の後にフルラインでスキンケアをしていた人にとって、夜何も塗ってはいけないという状況は、かなり辛いと思います。ですから、少しずつスキンケアを減らしていくなどして、うまく肌断食に移行できるのが理想です。

夜のプチ肌断食でやっていきたいという人は、日中のメイクをどれだけ軽いものにして、肌に負担をかけないようにできるか、という点もポイントになります。それから、体の中から健康的な生活を送る事で、スキンケアをしなくても良い状態に導いてあげる事で、肌断食が成功しやすくなります。

「週末肌断食」の特性

こちらは『週末だけメイクやスキンケアを使わない』という方法の、肌断食です。

肌断食をするのは、生活に支障があるので難しいという人や、肌断食をして肌機能が回復してきたので、平日はメイクをして過ごしたいという人におススメです。

しかし平日は常に肌へ刺激を与えていますので、週末の2日間だけ肌断食をしても、やはりその効果は上記の2タイプに比べると、かなり劣ってしまいます。ですから、平日に使うメイク用品やスキンケア用品は、肌に負担がかからないものを選ぶようにしてください。

おススメ!肌断食のステップ

肌断食は先ほど紹介した3つのタイプがありますが、これらを上手く活用して、ステップとして順番に取り入れていくのが、おススメです。

  • ステップ1:基本の肌断食
  • ステップ2:夜のプチ肌断食をメインにする
  • ステップ3:週末肌断食をメインにする

やはり最初は、出来る人は基本の肌断食を実践してもらいたいと思います。その後、肌が回復してきたと感じたら、日中はメイクをして過ごしてもOK!夜だけのプチ肌断食へ移行してください。そこからまた肌の調子が整ってきたら、最終的には週末肌断食に切り替えていいでしょう。

もちろんこれは一例ですので、自分のライフスタイルにあった肌断食をしてもらって大丈夫ですよ!重要なのは、続けやすいと感じる方法を実践することです。